こぐま便 for Smart Delivery 誕生物語

当社はかつて、日本のお茶を中国に輸出したいと考え、中国の通販サイト・アリババに出店していました。アリババというサイトは企業と企業をつなぐためのサイトで取り扱う商品のロット数が大きく、個人で購入するためのサイトではありません。

ですがそのサイトへの問い合わせの中には、仕入れではなく自分で飲みたいから小ロットで販売してくれないかというものがかなり多く含まれていました。メールでやりとりしていると、その方たちはたくさんの種類の日本の商品を求めていることがわかったのです。それらの多くは日本人の駐在員や留学生でした。

文化の違う国で暮らす中、日本人が求める品質や安全性の高い商品は少なく、にも関わらず日本の多くの通販サイトは海外発送に対応していません。海外に暮らす方々が日本の商品を手に入れるのは、日本で考えている以上に難しいのです。

そこで私たちは、お茶以外にも求められている商品がたくさんあるなら、それを発送して差し上げられないだろうかと考えたのです。

こぐま便 for Smart Delivery はそういった、海外で暮らしながら日本の商品を求める多くの方々に日本の商品を届けたい、それを通じた気持ちを送り届けたいと考えています。

海外で暮らしていると、日本国内にいる人の想像以上に様々な不便や不都合に直面します。実際にお茶一杯取りあげてみても、日本のものとは違っています。

違うこと自体は別に差し障りはありません。ですが日本のお茶の味を味わいたい方にとっては、日本のお茶の味でなければならないのです。懐かしいあの味を、飲みなれたあの味を、飲むとなぜか心が落ち着くあの味こそを口にしたいのです。

異国の地で不便や不都合に直面し、それを日々克服しやり過ごしている方々が、そんな思いを抱えているなら、その思いを果たさせて差し上げたい。そのお手伝いだけでもさせていただきたい。

それが、こぐま便 for Smart Delivery の始まりだったのです。

こぐま便 for Smart Delivery が、海外に暮らす方々に、商品を、思いを、安全・確実、そして丁寧にお届けしてまいります。


TOP